CRASHとは、、、。

最近、CRASHってだれ?
なにやっている人?
と聞かれることが増えましたので、少しCRASHのBIOを、。

John “CRASH” Matos
Born Octtober 11, 1961, Bronx, NY

CRASHは70年代後半から80年代前半にかけてIRTラインをメインに描いていた。彼はDAZEやKEL139などと共に窓も塗りつぶして車両全体をペイントするスタイルを得意とし、ニューヨーク中に彼の絵を溢れさせた。

80年代になると、多くのグラフィティアーティストがストリートからギャラリーへとその活動場所を代えていく中、CRASHもまたその一人であった。彼は多くのイベントとその才能でモダンアートの世界への転身に成功した。NYはもちろん、オランダやドイツなどの国でショーを開き、彼のアートは世界で売られるようになった。

彼の作品の大きな特徴は原色や独特なキャラクターを多用、様々なエレメントによって作品を構成させるところにある。多くのグラフィティアーティストが存在する中で、一見して彼独自の世界観を見る者にまで伝えることができる稀有な存在だ。特に彼のヴィヴィットな色使いは、Lichhtensteinから多くの影響と数多くのサブウェイへのペイントの結果からきていると言えるだろう。彼はまたレタリングやキャラクターを得意とし、そのキャラクターはアメリカのトラディショナルコミックキャラクターを彷彿させ、多くのファンをもつ。以前には、エリッククラプトンのギターにペイント施すなど、今なお興味深いプロジェクトが進行中である。2007年に、アパレルブランドBrook Avenueを立ち上げたのもその一つだ。
f0119310_1294935.jpg

[PR]
by ume0117 | 2007-09-21 01:03 | CRASHONE
<< この子供たち。 slamxhype >>