Roland R-09

とにかく、これが最近便利です。
僕が主に使うのはDJの時。
いつも現場に持って行き自分のプレイを録音しています。

さらにシンプルに高音質録音を実現した、コンパクトな高性能WAVE/MP3レコーダー
高品位録音が行えるR-1に続くWAVE/MP3レコーダーのニュー・モデル。見やすい有機ELディスプレイを搭載しながらも、さらにコンパクト・サイズを実現し、あらゆるシチュエーションで気軽に録音できる先進モデル。

さまざまな録音環境に対応するコンパクトボディ
R-09は、手のひらに収まるコンパクト・ボディに高音質録音を実現する豊富な機能を凝縮している。dB表示付きのレベル・メーターをはじめとした、さまざまな情報を表示する本体ディスプレイには、見やすい有機ELディスプレイを搭載。広い視野角で、屋外録音から屋内のライブハウスなどでの録音まで、多様な録音環境で快適な操作を実現する。さらに、ディスプレイとは別に、独立したPEAKインジケーターを装備。より確実な録音レベルの設定、確認が可能。また、電池駆動時間も強化。単3乾電池2本で4時間の連続録音を実現している。

内蔵の高品位ステレオマイクをはじめとした高音質化回路
本体内に高性能ステレオ・マイクを内蔵。コンパクト・サイズながら、より自然なステレオ感が得られるようX-Y型のマイク配置を採用している。マイク・ハウジングを本体基板から分離し、マイク・ユニット背面を遮断することで指向性も確保。楽器の録音からフィールド・レコーディングまで幅広く活用できる。
また、アナログ回路での確実な録音レベル調整に加え、音量変化が激しい入力ソースを確実に録音し、常に最適な録音レベルを保持できるオート・ゲイン・コントロールを新たに搭載。さらに、Hi/Loのマイク・ゲイン調整、屋外の風の強い場所やライブ録音時の音割れを防止するLo-Cutスイッチ装備など、あらゆるシーンで高品位なレコーディングが行えるよう配慮されている。
そして、さらなる高音質を追求するために、内蔵A/Dコンバーターに最適化されたアナログ回路IARC(Isolated Adaptive Recording Circuit)を搭載。また、アナログ/デジタル回路それぞれ独立した専用の電源回路で、電源ノイズの影響を抑えた最良の音質を実現している。
もちろん、外部入出力も充実。内蔵マイクだけでなく、外部マイク用のマイク入力(ステレオ・ミニ:プラグイン・パワー対応)、ライン入力(ステレオ・ミニ)も装備。外部マイクを使用したレコーディングや、楽器/オーディオ機器からのレコーディングも行える。また、ヘッドホン端子は、デジタル出力端子(オプティカル)兼用。デジタル・スピーカーなどのデジタル・オーディオ機器との接続も簡単に行える。

最大24ビットのリニアPCM録音にも対応
R-09は、録音する素材や利用形態に応じて最適なデータ・タイプを選ぶことができる。WAVフォーマット時では、サンプリング周波数44.1/48kHz、16/24ビットの録音に対応。また、MP3フォーマット時ではサンプリング周波数44.1/48kHz、ビット・レートは64kbps~320kbpsまで7段階から選択することができる。また、記憶メディアにはSDカードを採用し、32Mバイト~2Gバイトのカード容量に対応(64MバイトSDカード付属)。高音質レコーディングから長時間レコーディングまで対応する。

USB2.0でパソコンへの高速データ転送可能
R-09はHi-Speed USB対応のUSB2.0端子を装備。録音したファイルをパソコンへ高速データ転送できる。また、録音した日時もファイルに記録されるため、本体でのファイル管理やパソコンへ転送した際の録音データの整理がより簡単に行える。さらに、再生時に使用可能な、臨場感あるサウンド演出ができるデジタル・リバーブや、A-Bリピートなど、さまざまな再生方法に対応。楽器/ボーカル練習など、多彩な使いこなしが可能。

商品紹介
R-09は、手のひらに収まるコンパクト・ボディに高音質録音を実現する豊富な機能を凝縮しています。dB表示付きのレベル・メーターをはじめとした、さまざまな情報を表示する本体ディスプレイには、見やすい有機ELディスプレイを搭載。広い視野角で、屋外録音から屋内のライブハウスなどでの録音まで、多様な録音環境で快適な操作を実現します。 さらに、ディスプレイとは別に、独立したPEAKインジケーターを装備。より確実な録音レベルの設定、確認が可能です。 また、電池駆動時間も強化。単3乾電池2本で4時間の連続録音を実現しています。

f0119310_19513566.jpg

[PR]
by ume0117 | 2007-07-19 19:53 | Other
<< 大人のにぎり飯 Style Wars >>